愛知県で男性死亡:調教中に襲われた模様【ロープで繋がれていた】

2020年1月、愛媛県の闘牛調教場で「闘牛に人が突かれ死亡した」との報道がなされました。

もくじ

  • 地元で有名な「牛主」死亡
  • 三曳孔文さんのプロフィール
  • 闘牛に突かれて死亡

以上についてまとめました。

地元で有名な「牛主」死亡

23日午後7時10分頃、愛媛県宇和島市津島町増穂の闘牛調教場で、「闘牛に人が突かれた」と119番がありました。

救急隊員が駆けつけると近くに住む三曳孔文(みつびきよしとも)さんが牛舎の外で倒れており胸の骨を折るなどの大けがをしていましたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

三曳孔文(みつびきよしふみ)さんは地元宇和島の闘牛大会で有名なベテランの牛主だったようです。

三曳孔文さんのプロフィール

地元で有名な牛主の三曳孔文さんプロフィールです。

  • 名前:三曳孔文さん
  • 年齢:64歳
  • 出身:不明
  • 職業:牛主
  • 死亡理由:闘牛に人が突かれ死亡

闘牛に突かれて死亡

調教場の木には三曳さんが飼っている闘牛がロープで繋がれていた。闘牛の名前は「喝王(かつおう)」(雄7歳、約900キロ)と大きな闘牛ですね。三曳さんには胸の骨など多数の骨折と出血があり闘牛に襲われたとされている。

調教場は三曳さんが管理する牛舎から約100メートル離れた山中にあり、三曳さんは調教中に突かれたようです。

宇和島署や宇和島市観光物産協会によると、三曳さんは地元で有名な牛主で、闘牛4頭を所有。「喝王」は2日に市内で行われた闘牛大会に出場していたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です